//スライドを表示

未分類

宝島Futsal公式戦のレポート

20 5月 , 2007  

ss2_00.jpg
Stonkでございます。

今回は宝島主催の第7回Futsal公式戦をレポートいたします。(5/17開催)
minatomiraiのみなとみらいスタジアムにて日本時間の毎週土曜日19時から開催されています。なお、宝島主催ですが、宝島会員である必要はありません。どなたでも参加できます。

Futsalとはサッカーに似たスポーツ競技です。(ミニサッカーと言えばわかりやすかな?)私は知らなかったのですが、リアルでもこの競技は存在し公式リーグもあるそうです。しばらくの間FutsalはサッカーのSL方言(?)と思い込んでたのは秘密ですw。
ss2_01.jpg
みなとみらいスタジアム全景

今回で7回目の開催となります。今までは、集まったメンバーからチーム分けを行い、紅白戦(橙白戦?w)を行っていました。
しかし、今回は初めて対戦チームが現れました。

ss2_02.jpg
宝島トレジャーズ対

ss2_03.jpg
巣鴨住民で構成される巣鴨オジゾーズ(仮)です。

・・・が、
ss2_04.jpg
ちょっとメンバーが足らないため、トレジャーズから2名奪われましたw。
2名ともベテランプレイヤーでうち1名は得点王エースストライカーだったりします。
ユニフォームもまだできていないそうでとりあえずトレジャーズの白を着用してもらいました。
・・・見た目今までの試合と変わらない橙白戦ですなw。(※文末あたりで補足)

試合進行は前半10分、ハーフタイム5分、後半10分の構成になっています。

それでは試合開始!
ss2_05.jpg
試合中の状況。ボールの奪い合いです。私が後方にいるのは決して怠けてるのではなく、守備に回ってると思っていただけると幸いですw。



ss2_06.jpg
ハーフタイムの状況。ここで初心者の方には3D酔いの確認がされます。たまに酔ってしまう方もいらっしゃるそうです。(私は昔々DOOMというゲームで3D初酔いしましたw。が、最近はいろんな3Dゲームをこなしたおかげか大丈夫なようです。が、不思議とSLでの乗り物には酔ってしまいます。スケボーとかカートとか。何故だ?w)



ss2_07.jpg
しゅーりょー、5-2で宝島トレジャーズの勝ちー。
以上・・・
・・・・・・すみません、試合中はとてもSSを撮ることはできません。
アバター操作は単純でわかりやすいのですが、リアルタイムで進行するのでSSはもちろんチャットする余裕も無いのです。(試合中のチャットログを確認したところ、「ナイスシュート」とか「やたー」とか「いきまーす」という、試合進行が止まってるところでしか会話が残ってないw)

試合中のチャットは少ないですが、体をはったコミュニケーションと言ったとこでしょうか?w

これで終わるのもなんなので、簡単な遊び方・競技方法を書きます。

まずは、ボールの取り扱いから。

最初にCtrl+R(Winの場合、Macの場合はCommand+Rらしいです。Linuxの場合は・・・すみません試してません><)を押すと走る/歩くを切り替えることができます。まぁ、走っときましょう。

ss2_08.jpg
ボールに突撃して・・・

ss2_09.jpg
ボールがくっつくので矢印キーまたはW,A,D,Sキーで走ってドリブルして・・・

ss2_10.jpg
ポップアップの「はい」をクリックしたら蹴ります。

ss2_11.jpg
なお、ボール保持中に他の人にボールに触れられると、ボールは奪われてしまいます。

以上w

ボールを蹴る際にマウスに手をやらねばならんですが、それ以外は非常に簡単です。

得点に関する基本ルール
 基本操作がわかれば大体おわかりとは思いますが、よーするにボールを奪い合って敵のゴールにシュートを決めれば得点になるのです。
 が、そこは競技ですのでいろいろルールがあります。
 得点に関しての大まかなルールは以下のとおりです。
 ・ドリブルをしながらのゴールは無効。
   いわゆる押し込みゴールは無効となります。
 ・オウンゴールは失点。
   ハラキリはしっかり失点となりますw。
 ・壁やアバターにぶつかってころころ転がってゴールしたものは有効。
   兆弾シュートというトリッキーなシュートをすることもできます。

上記の状況で押し込みか跳ね返りかはっきりしない場合は審判の判断にゆだねられます。おとなしく従いましょう。審判がルールブックですw
あと飛行は禁止、ジャンプはok、オフサイドとかハンドは無し。
このくらい知っておけばあなたも選手として出場できますw。

もうちょい詳しくフットサルについて知りたい方は、みなとみらいスタジアムの近くにあるSLフットサル会館を見学なさってはいかがでしょうか。
ss2_12.jpg
SLフットサル会館全景です。

ss2_13.jpg
展示物の一部です。
ここは、おそらく(w)日本初のSLのスポーツ記念館です。リアルフットサルとSLフットサルの概要、私が上でてきとーに書いた内容とは違いすっきりわかりやすい操作方法の解説、現在の公式競技場の紹介、試合中のSS等が展示されています。
ss2_14.jpg
なお、ここに飾ってあるボールから無料で公式ボールをゲット(0L$でBuy)することができます。広い場所で練習するなり、自宅でこっそり練習するなりして精進しましょうw。

また、オーナーさんのご好意により、みなとみらいスタジアム、池袋宝島スタジアム及び朱雀フットサルアリーナの3箇所では試合をしている場合を除き、自由に練習することができます。お友達を誘ってミニゲームをやってみてはいかがでしょうか。

現段階の公式ルールの詳細はこちらをご覧ください。
(まだまだ発展途上の競技ですので今後改訂される場合があります。)
http://slcom.jp/modules/xhnewbb/viewtopic.php?topic_id=56
<フットサル公式戦参加方法>——-
フットサル公式戦は基本的にminatomiraiのみなとみらいスタジアムにて日本時間の毎週土曜日19時頃キックオフです。(ユニフォームは宝島トレジャーズのものを無料配布しています。)

参加方法はこれといった決まりみたいなものは無いのですが、大体以下のとおりです。

個人での競技参加の場合
 会場にて試合前に参加したい旨を審判に伝えてください。欠員があるチームに参加していただくことになります。 ただ、編成の都合上、ご希望に添えない場合がありますのでご了承ください。

チームでの競技参加の場合
 個人参加と同様に参加したい旨を審判に伝えてください。
 5名のフルメンバーでなくてもかまいません。助っ人を用意いたしますw。
 また、フルメンバーでの試合は5対5ですが、3対3でも試合は行っています。

観戦参加の場合
 スタジアム北側に観戦席を設けていますのでご自由にご観戦ください。観戦参加も大歓迎です。
 競技参加メンバーが奇数人数の場合、参戦をお願いすることがあります。よろしかったら一緒にボールを追いましょう、是非w。

※場所・時間参加方法は、今後変更される可能性があります。ご了承下さい。以上は2007/5/20時点のものです。
——–
宝島管理人のaquanoise Beeryさんを始め我々フットサルファンは、参加常設チームを増やして複数の公式競技場でリーグ戦を行う野望を持っていますw。

今回の関連テレポートURLは以下のとおりです。
みなとみらいスタジアム・SLフットサル会館
http://slurl.com/secondlife/minatomirai/144/114/21/

池袋宝島スタジアム
http://slurl.com/secondlife/Ikebukuro/33/166/50/

朱雀フットサルアリーナ
http://slurl.com/secondlife/SUZAKU/15/215/35/

巣鴨とげ抜き地蔵
http://slurl.com/secondlife/Sugamo/132/123/22/

※新興チーム「巣鴨オジゾーズ」
オジゾーズは(仮)が取れて正式チーム名となりました。ユニフォームもご利益満載っぽいですw。
ss2_15.jpg
第8回公式戦記念写真。私がど真ん中にいるのは成り行きですのでw。
・・・何故か私がオジゾーズに引き抜かれていますw。

~余談1~(一部脚色ありw)
Jabara Landでチーム作ったらどんなチーム名になるだろ?って、トレジャーズのメンバーに聞いてみたのですが・・・
しゃ:「Jabara ビヨヨンズ」
すた:「いやそれジャバラ違いw」
しゃ:「Jabara アトランティス でいいかも」
すた:「あっしは、Jabara オクトパスと見てるんだが?タコ装備してる人多いし。」
しゃ:「お地蔵とかタコとかチームキャラクター決まってていいなー。
   うちもなにかキャラクターを!」
あく:「いいね^^」
すた:「なにがいいかな」
しゃ:「ミミック!」
さすが、トレジャーズのエースストライカー。攻撃的(?)です。

~余談2~
このFutsalは私がセカンドライフに深く入り込むきっかけになった競技なのです。右も左もわからず英語対応に疲れてはてていた初心者のとき「Ikebukuro」という馴染みのある地名につられてそこへ降り立ちました。SLの先輩方が楽しくお話しているのが聞こえつつもそこに割り込む勇気も無く、公園っぽいところでボケーっとしていました。そこで声をかけてくれたのが宝島の会員さんだったのです。
「22時頃にはサッカーしてるから気が向いたらおいで~」

これこそ、私のセカンドライフの本当の意味でのはじめの第一歩でした。その公園っぽいところが宝島であり、Futsalで出会った方々の人のつながりに乗れたことにより、今のStonk Nishiがあるのです。

それだけこの競技に対する思い入れは深いのですよw。いやほんと。

Share Button


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です